第71回 きょうだいの集い 2020年2月8日(土)


もしあなたが、こんなことを感じていたら・・・

 

✔  同じ立場の人に会いたい

✔  身近な人にきょうだいとしての気持ちを理解してもらえない

✔  気兼ねなく家族のことを話したい

✔  将来に対して漠然とした不安がある

 

きょうだいの集いに参加してみませんか? 


\ いっぱい話せる、いっぱい聴ける、分かってもらえる /

きょうだいの集い」に来てみませんか?

 

きょうだいの集いには、障害や病気や疾患のある人の兄弟姉妹(きょうだい)が集まります。
最近、障害や病気のある親御さんや祖父母の介護をしてきた方々も参加するようになりました。

 

ここは、似たような経験をしているきょうだい仲間と出逢う最初のきっかけとなります。

 

少人数で思う存分話したり、相手の話を聴いたりしながら、気持ちを言葉にして整理することができます。また、ワークショップを体験して、意見交換をしながら新たな気づきや発見を体験することもできます。

 

 

毎回、初参加の方も大勢いるので、安心して参加してくださいね!!



どんなことをするの?


はじめに

会場に入った瞬間、いろいろな思いがこみ上げて感動したり、びっくりしたりしながら着席します。

今日の流れと、エチケットについて説明したあと、

みんなで一言ずつ自己紹介をします。

さぁ、何が起きるのかな…

ワクワクしながら始まります。



話す・聴く

グループになって語り合います。少人数で話すので、たっぷりと話したり聴いたりすることができます。緊張がほぐれて、話したいことが次から次へと湧き出してきます。



意見交換

それぞれのグループで、どんな話があったのかを共有します。ここでの意見交換は、とっても濃密で大切な時間です。もうひとりじゃないよ、みんなで考えて解決の糸口を探していこう。


体験する

CANオリジナルのプロフィールワークを体験します。どんなワークなのかはお楽しみに!!

体験者の声: 

・すごいAHA!体験ができます!

・終わって何日も余韻が残ります

・こんなワーク受けたことがない



気付く・発見する

プロフィールワークで気づいたことを、みんなで話し合います。安心したり、刺激を受けたり、今度はこうしてみようと思ったり、自分を客観視することで得るものがたくさんあります。



アンケート

今日体験したことを振り返ります。

アンケートにお答えいただいた内容を

CANは、ひとつずつ形にしていきます。

 

お疲れさまでした!是非またお越しください。


参加者の声


男性参加者も多いので安心

30代 男性 会社員

似たような悩みを話す機会はあまりないので、話しやすかった。ここは男性の参加者も多いので、共感できる話題がたくさん話すことができるので、安心です。自分の経験してきたことが、誰かの役に立てることがとてもうれしいので、また参加したいと思います。



仲間と出逢えたことが嬉しい

30代 女性

仕事で転勤があったら、弟の面倒をどう見るのだろうと不安になって参加しました。周りの人に話せない気持ちを素直に話すことができました。年代や性別の違う仲間と出逢えたことがとてもうれしいです。 



視野が広がって勉強になります

20代 女性

参加するたびに違う人と会って話すことができるので視野が広がります。今まで知らなった情報を知ることもできて勉強になります。もっとイベントなどに関わって楽しいことをしていきたい。



きょうだい児のボランティアをしたい

20代 女性

わたしは、子どもケアラー(きょうだい児)を支援するART & CHAT CLUBにボランティアとして参加したことがあって、この集いに参加しました。おとなきょうだいと話すことは初めてでしたが、いろいろな人と話せるので楽しいです。子どもきょうだい支援をまたやりたいです。 



 

 

参加する勇気がなくて・・・

そう思っているのは
あなただけではありません 

 

ドアを開けると

あなたの仲間がたくさんいます

ちょっとだけ勇気を出して

仲間に会いに来てみてね!

 

新しい世界が待っているよ

 

 

わたしが進行役をつとめます

ケアラーアクションネットワーク協会
代表理事 
持田 恭子



第71回 きょうだいの集い

2020 208 (土) 13:3016:30 (受付開始:13:20)
開催地: 丸の内線 「淡路町駅」から徒歩1分

参加費: 3,000円(税込)(大学生1,500円、中高生無料)

申込み: 申込フォームを開く 

 

※ 会場の詳細は事務局からご案内いたします

 対象:きょうだい児・ヤングケアラー・若者ケアラー

 年齢や障害種別に制限はありません

※ 見学枠はございません


どんな障害のある人のきょうだいが集まっているの?




よくある質問

Q  初参加でもだいじょうぶですか?

A  はい、だいじょうぶです。初参加の方もたくさんいらっしゃいます。

 

Q  男性でも大丈夫ですか?

A  はい、男性のきょうだいの方も参加されています

 

Q  未成年なのですが、きょうだいの集いに参加できますか?

A  はい、参加できます。中高生は無料です。大学生は割引があります。

 

Q  自分の抱えている悩みをどのように伝えればよいか分かりません。うまく話せるか不安です。

A  話したくないことや、うまく話せそうにないことはパスしてもだいじょうぶ。
   聴いているだけで
無理に話す必要はないのでご安心ください。

 

Q  いままでの参加者には、どのような変化があったのでしょうか?

A  ・自分の家族のことを誰にも話せなかったけれど、気兼ねなく話せるようになった

  ・物事の捉え方が普段の生活でも柔らかくなった

  ・モヤモヤした気持ちから解放されて前向きになった

  ・いつも自分にはできないとおもっていたことができるようになった

  などの変化があります。(アンケートでお応えいただいた声を許可を得て掲載しています)

 

Q  何回も参加していいのでしょうか?

A  はい、何回でもいらしてください。ほぼ半数以上の方がリピーターです。
   毎回話題は違いますし参加者に
よって
情報が異なるので、毎回新鮮な気づきがあります。

 

Q  わたしの仕事はシフト制なので、直前まで予定がわからないのですが。

A  参加動機の欄に一言お書き添えいただけたら事務局からご連絡いたします。

 

Q  支払方法について教えていただけますか?

A  参加費は事前払いで、指定銀行口座へのお振込みとなります。
 

Q  写真を撮られたくないのですが。

A  撮影されたくない方には充分な配慮を致しますのでご安心ください。

 

Q  撮影された写真はどのように使われるのですか?

A  ウェブサイト、ブログ、SNS、チラシなどに使われます。事前に許可をいただいた
   ものだけを
使わせていただいております。
  

Q  領収書の発行は可能ですか?

A  はい、発行することができます。参加申込フォームに「領収書が欲しい」とお書き添えください。
   あるいは、当日事務局のスタッフにお申し出ください。後日電子領収書を発行して
送信します。


世代ごとに異なる課題

 

10

友達と話が合わなくなってきたり、家族の状況を説明することが億劫になる時期です

・友だちに説明することが面倒くさい

・分かってくれる人が周りにいない

・障害についてどう説明していいかわからない

 

10代後半~20

自分の将来を考える時に、常に親や兄弟姉妹の生活課題を優先的に考えてしまう時期です。

・親に兄弟姉妹の面倒をみるように期待されている

・進路や進学について相談できる相手がいない

・就職先や恋愛や人間関係の構築などについて相談する相手がいない

 

30代~40

恋愛、結婚、子育て、仕事、など、自分の生活で手一杯になる時期です。

・障害のある兄弟姉妹について大切な人や友人や同僚に打ち明けるタイミング

・障害のある兄弟姉妹の日常生活のケアサポート

・結婚後の自分の家族と、障害のある兄弟姉妹との関係性

・自分の育児を親に相談しづらい(障害のある子どもの世話で忙しいから)

 

40代~

介護や仕事との両立などに悩む時期です。

・親亡き後について親と話し合えない

・親の看取り

・親の介護と兄弟姉妹のケアと仕事の両立

・生活支援を必要とする兄弟姉妹のケア

・子育てと介護の両立(ダブルケア)

・遠距離介護

・介護離職

・障害のある兄弟姉妹の高齢化

・親代わりになって兄弟姉妹の面倒をみること

・障害のある兄弟姉妹の施設探し

・障害者手帳や障害年金などの手続き

・成年後見制度の理解

・看取りへ向けての準備

・親亡き後問題